Top/なぁに?小娘が大袈裟に

なぁに?小娘が大袈裟に

【種別】セリフ
【発話者】ラクシャータ
【登場】21話

ユーフェミアの緊急中継の模様を見たラクシャータセリフ
「お飾り」と侮っていた副総督のまさかの発言であり、誰も内容の衝撃度を予想していなかった事が端的に見て取れる言葉である。

コメント

  • どうせなら藤堂に喋らせればいいのにとちょっと思ったw -- 2007-03-16 (金) 12:39:33
  • 藤堂はあんなセリフ言わないだろう。必要最低限しか喋らない男だし。ラクシャータセリフには同感。 -- 2007-03-16 (金) 15:21:19
  • ある意味でこの「軽視」めいた思い込みこそが最大の「誤算」だったといえる。(騎士叙任の際も彼らが意識したのはスザクだけ。) -- JIN? 2007-03-17 (土) 09:41:38
  • 計算高い人間にはバカが一番読みづらい。ミサミサみたいな。 -- 2007-03-17 (土) 10:52:15
  • ある意味では計算高くないからこそ考えれた特区宣言 -- 2007-03-17 (土) 13:11:54

ページ新規作成

新しいページはこちらから投稿できます。

TOP