Top/往くか、修羅の道を

往くか、修羅の道を

【種別】セリフ
【発話者】桐原
【登場回】12話

ゼロの正体が、かつて自分が知る幼少期のルルーシュが成長した姿であることを確認した桐原が発したセリフ
ルルーシュに向けた餞別の言葉ともとれる。
ちなみに桐原、このときかなりうれしそうである。

コメント

  • そしてその直後に「修羅」が開くと。 -- JIN? 2007-01-12 (金) 18:38:50
  • プラネテスの、ハキムのセリフを連想した。 -- 2007-02-09 (金) 10:58:37
  • 「八年前の種が花を咲かすか…」の部分は、スザクに当てはめると更に皮肉さを増すような。 -- JIN? 2007-03-21 (水) 22:16:23
  • 藤堂「きみ(スザク)はその道を行け!」と連動してるんだよ -- 2007-03-22 (木) 08:07:47
  • ルルーシュ「それが我が運命ならば」 -- とむやん? 2007-04-05 (木) 18:49:51
  • ちなみに発言者の運命はそう長くなかった。 -- 蒼夜? 2007-04-05 (木) 22:18:43

ページ新規作成

新しいページはこちらから投稿できます。

TOP