Top/奇麗事で世界は変えられないから

奇麗事で世界は変えられないから

【種別】セリフ
【登場】03話
【発話者】ルルーシュ

クロヴィス殺害時にルルーシュが言ったセリフ
銃を突きつけられ、狼狽するクロヴィスの「や、やめろ・・・腹違いとはいえ、実の兄だぞ!」という言葉をうけて。
ブリタニアを倒すためなら、血が繋がっていようが敵なら殺すルルーシュの現実的な覚悟が伺える。
内側からブリタニアを変えようとするスザクと正反対なのがよくわかる一言だ。

コメント

  • でもこれでルルーシュは既に父親とやってることがかわらないんですよねえ。クロヴィスを反逆者に仕立て上げてその陰で暴れるって線は考えつかなかったんだろうか。それにまだルルーシュ自身が疑惑の真相を掴んでいるわけではないし… -- 2006-11-17 (金) 20:05:46
  • ブリタニアを潰すという事は、皇帝の血縁者を全て殺すと言うこと。8話でユーフェミアに銃を突きつけた時のセリフからも解る。
    クロヴィスはその第一歩であり、このセリフは血縁者をも殺す覚悟を表している。
  • おそらく世界の3分の位1を支配しているブリタニア、という設定はブリタニア壊滅後に欧州と共産主義国がブリタニア領の奪い合いをはじめるという前フリのような気がする。 -- 2006-12-06 (水) 21:20:59
  • ↑それが2期につながってくるのでしょうかね。それはさておき現実問題クロヴィスを殺しておかないと後々テロリストとして逮捕されちゃうんですよね。ギアス使っちゃったし。 -- シン? 2006-12-25 (月) 20:38:00
  • この時点ではギアスの制約を知らなかっただけに、一歩間違えれば危なかったかも。 -- JIN? 2006-12-25 (月) 22:15:29
  • 顔を見せて正体を明かした時点で殺す覚悟だったのでしょうね。彼の目的は単に復讐だけではなくて、ブリタニアの(そして世界の)頂点をとることですからそのライバルであるコーネリアシュナイゼル、皇帝は当然殺すつもりでしょう。ただ皇帝を暗殺するだけでは、混乱を生じるだけで世界は変わりませんからね。「勝って」その座を奪う必要がある。ユーフェミアがそのリストにはいるかどうかはまだ微妙なところなのかも。 -- mik? 2006-12-26 (火) 00:45:38
  • 物語が進むにつれて、この行動が幼稚に思えてくる。 -- 2007-03-08 (木) 03:58:02
  • STAGE 23まで終わったところでまだ二人しか殺してない。皇位継承者は百人以上いるらしいからストーリー完結は第50シリーズ以降の見込み(最短でも2032年。だが登場済みの大物の後は皇帝を潰さない限り児童や幼児を手に掛けていく鬼畜な展開が予想されるため本当にシリーズ継続可能なのか危ぶまれる)。 -- 2007-04-02 (月) 07:27:22
  • 継承者といっても有能なのはごく一部で、ほとんどは無為徒食の有象無象みたいですね。 -- JIN? 2007-04-02 (月) 12:00:03
  • ある漫画の台詞から抜粋。「世界っていうのはね、広いようでとても狭いものなの、自分が見える範囲、聞こえる範囲、手に触れられる範囲しかないの」・・・少し違うかと思いますが、ルルーシュは、結局自分とナナリーを取り巻く世界を変えたかったのでは? -- とむやん? 2007-07-05 (木) 06:38:26
  • 「脳内反逆」で完結できれば流血もなかったしナナリーに隠し事をする必要もなかったのに -- 2007-07-07 (土) 08:39:01

ページ新規作成

新しいページはこちらから投稿できます。

TOP