Top/時と運命の前に、信じるという行為はあまりに空しく、そして儚い。

時と運命の前に、信じるという行為はあまりに空しく、そして儚い。

【種別】セリフ
【発話者】ナレーション
【登場】11話冒頭

「人は、誰しもが己の勝利を、存在を信じたがるものだ…されど、時と運命の前に、信じるという行為はあまりに空しく、そして儚い。

11話冒頭に流れたナレーションであるが、この回はまさに言葉通りの展開となった。

なお、ナレーションを担当しているのは、C.C.役のゆかなである。

コメント

  • ゼロコーネリアも己の勝利を信じたがどちらも叶わなかった。 -- 2006-12-24 (日) 02:55:37

このページを共有:
  • このページをはてなブックマークに追加 このページを含むはてなブックマーク
  • このページをlivedoor クリップに追加 このページを含むlivedoor クリップ
  • このページをYahoo!ブックマークに追加
  • このページを@niftyクリップに追加
  • このページをdel.icio.usに追加
  • このページをGoogleブックマークに追加

このページのURL:

ページ新規作成

新しいページはこちらから投稿できます。

TOP