Top/浅間山荘

浅間山荘

【種別】地名
【登場】10話 11話

劇中にも設定にもこの呼称はないが、ナリタ攻防戦にて日本解放戦線片瀬少将が指揮を執っていた作戦司令部の外観が1972年に連合赤軍が篭城した浅間山荘にそっくりなことから、一部ファンの間でそう呼ばれている。

日本解放戦線最大の根拠地、ナリタ連山の司令に用いられていただけに、内部には司令室や会議室、通信施設が設けられており、日本解放戦線の重要な意思決定もここでなされていたと思われる。

ナリタ攻防戦ではブリタニア軍は甚大な被害を被ったものの、日本解放戦線も看過できない打撃を受けており、ナリタ連山のアジトを維持できなくなったことから片瀬少将以下、司令部構成員は藤堂四聖剣の護衛によりここを脱出した模様。その際、鉄球によって証拠隠滅がなされたかどうかは定かでない。

コメント

  • やはり本来は「浅間山」の予定が「明からさま過ぎる」という理由で変更されたと思われる。 -- JIN? 2007-01-20 (土) 22:39:13
  • 現存する建物だからね。 -- 2007-01-21 (日) 15:24:49

ページ新規作成

新しいページはこちらから投稿できます。

TOP