Top/回天のときである

回天のときである の変更点


【種別】セリフ
【発話者】片瀬
【登場】10話-16分

コーネリアの包囲網からの脱出を部下に命じた際に、片瀬が飛ばした檄。
第二次世界大戦中かというぐらい、時代がかっている。

**コメント [#i11e596c]
- ちょうどそんな映画もやってましたしねえ。 --  &new{2006-12-16 (土) 03:25:08};
- 片瀬さんでは、戦局逆転できませんでしたね。かわいそうに・・・。 -- [[ゆい]] &new{2006-12-16 (土) 21:39:57};
- 本人的には自覚は無いだろうが、まさに「自分の時代は終わった」と言っているにも等しい。 -- [[JIN]] &new{2006-12-16 (土) 22:01:22};
- それだったら、神風といっている時点で終わりだね -- [[みい]] &new{2006-12-17 (日) 00:39:23};
- もう劣勢も劣勢なんで奇跡とかそういう言葉にすがってしまうのも仕方ないかも。 --  &new{2006-12-17 (日) 05:12:53};
- 太平洋戦争やってない歴史設定なのかな?旧日本帝国軍人にみたいな --  &new{2006-12-19 (火) 22:24:32};
- (↑の続きです)思想の人が多く生き残っているの理由。それと太平洋戦争があったとするとブリタニアVS日本帝国になってしまいますね --  &new{2006-12-19 (火) 22:27:39};
- 後の13話とリンクして考えると余計に感慨深い。 -- [[JIN]] &new{2007-01-24 (水) 18:45:55};
- オレは「不退転」と言ってるように聞こえた・・・ --  &new{2007-01-24 (水) 19:18:19};

#comment

ページ新規作成

新しいページはこちらから投稿できます。

TOP