Top/人は平等ではない

人は平等ではない の変更点


【種別】セリフ
【登場】06話
【発話者】ブリタニア皇帝

「人は平等ではない。
生まれつき足の速い者、美しい者、親が貧しい者、病弱な身体を持つ者。
生まれも育ちも才能も、人間はみな違っておるのだ。
そう、人は差別されるためにある。だからこそ人は争い、競い合い、そこに進歩が生まれる。

不平等は悪ではない。平等こそが悪なのだ。
権利を平等にしたEUはどうだ?人気取りの衆愚政治に堕しておる。
富を平等にした中華連邦は怠け者ばかりだ。
だが、我がブリタニアはそうではない。争い競い、常に進化を続けておる。
ブリタニアだけが前へ、未来へと進んでいるのだ。
我が息子クロヴィスの死も、ブリタニアが進化を続けているという証。

戦うのだ!
競い、奪い、獲得し、支配する。その果てに未来がある!!
オール・ハイル・ブリタニア!!!!」

クロヴィスの追悼式典でのブリタニア皇帝の弔辞。
その内容はクロヴィスに対する哀悼というよりも、国民へのプロパガンダとなっている。
文面の強烈さに加えて、CVを担当した若本氏の演技も相まって、視聴者に強烈な印象を与えた。

**コメント [#f23cdb65]
- 放送では聞きづらかったので補完ありがとうございます。 --  &new{2006-11-13 (月) 19:04:30};
- 「生まれつき足の速い者」なんか直前のスザクとルルーシュの体力差でしっかり伏線を張ってますからね。あれも実に上手いというか。 -- [[JIN]] &new{2006-11-13 (月) 20:11:40};
- EUではなくEEUなのでは? --  &new{2006-11-26 (日) 01:24:42};
- 「本音」と「建前」、「現実」と「理想」の中で、思い切り「本音」と「現実」を取り出したという意味で、演説自体としてはギレンを遥かに凌ぐ。特に「建前」と「理想」が片っ端から破綻をしているといえる、現在の現実状況のおいてこの演説はあまりにもタイムリーにして衝撃である。 -- [[JIN]] &new{2006-11-26 (日) 10:53:54};
- ギレンのガルマ国葬、ア・バオア・クー戦前。レビルのジオンに兵なし(注:小説及び設定)演説は超えられないでしょう。この3つは異常。ただ、これも世界観にマッチした演説ではあるね。ヴィクトリーノ様の演技も最高だし --  &new{2006-11-30 (木) 00:06:38};
- ↑ゴメンなさい、操作ミスで3回書き込んでしまいました。可能でしたら下2つを削除して下さい --  &new{2006-11-30 (木) 00:37:20};
- 消しておきましたよー -- [[バトレーに似てる人]] &new{2006-11-30 (木) 00:43:50};
- 後に多くのパロディを生んだギレン演説は「様式」としては確かに凄い。ただし「内容」自体は劇中世界の中でしか通用しないアジでしかない。 -- [[JIN]] &new{2006-11-30 (木) 19:16:46};
- 冷酷な印象はあるけど、実はそんなに変な事は言ってないんですよね -- [[ゼロス]] &new{2006-12-13 (水) 21:26:21};
- C・Cの言ったとおり「弱肉強食」の理念ですからね。PS,どうやらEEUではなくEUの方が正しい模様。 -- [[ホンダ]] &new{2006-12-13 (水) 21:59:35};
- 『オールハイルブリタニア!!』は、ルルーシュC.Vの福山さんも、ネットラジオで真似してましたね(笑) -- [[ゆい]] &new{2006-12-14 (木) 21:34:51};
- こういう発言をする背景には、「本当の内情は実は正反対」、ってことは現実世界にも枚挙に暇がないわけで。多分競争しないといけないのは庶民(と庶民で構成された軍)と皇族だけで、上級貴族層は競争とは無縁なんでしょうな。現実のアメリカも世襲制の東部エスタブリッシュ層の名家による世襲制度ですから。 --  &new{2006-12-18 (月) 07:54:52};
- なんていうか、9割の人間を馬車馬のように競わせ、残り1割が競争せずにその上がりを搾取する、現代アメリカの本質そのもの、って感じが演説からはしますな。ブリタニア皇族は庶民のための道化として競争させられる運命なんじゃないですかね。 --  &new{2006-12-18 (月) 07:58:51};
- 競争は資本主義の基本なのでそれがイヤなら共産主義にでもなれば?あっちは言葉と仕組みを変えて、しかも何の可能性もないよ。 --  &new{2006-12-18 (月) 08:17:29};
- だからルルーシュは弱者が穏やかに暮らすためにブリタニアを潰す、ってのたまわったんでしょ。あるいみ青臭いとおもうけどね。 --  &new{2006-12-18 (月) 08:47:19};
- それは母の死を「彼女が弱者だったからだ」と父に言われたからでしょう。そこで「母のような人が死なずに済む世界にしよう」と。「差別する側が本当に優秀なら、頂点に立つ父が本当に自分で言うほど強いんだったら、弱者を守るコトだってできるハズじゃないか」って思いもあるでしょう。青臭いというか、親父さんに対して全否定を起こしたら、結果そうなったという。 --  &new{2007-01-05 (金) 12:27:08};
- 確かにブリタニアの理念というか本音を堂々と謳いあげた迫力の演説ですな。現実世界の矛盾を突いているとも言えるし。ただそれをそのまま世界の真理だとか、現実にそうあるべき、みたいに言う単細胞にもなりたくないですな。 -- [[そういう自分が一番大人気ないという事は内緒だ!]] &new{2007-01-12 (金) 01:45:12};
- この人のオール・ハイル・ブリタニアは発音が独特的ですね -- [[さと]] &new{2007-01-12 (金) 17:33:59};
- 「鋼の錬金術師」に出てくるダンテ思い出した。 --  &new{2007-01-15 (月) 18:42:10};
- 言っておきますけど、現実に「弱肉強食」を忠実に適用したら、短期間に社会は崩壊しますよ…コードギアスがフィクションであるってことは忘れないほうがいいかと。設定的に考えると、ブリタニア帝国の建国以来の国是というよりはこの皇帝か先代あたりからの趣味なのかなと。 -- [[tera]] &new{2007-02-04 (日) 11:42:10};
- 「クロヴィスと話していた」のところでクロヴィスを殺したのはルルーシュだと知り、「人は平等ではない」は生きていたルルーシュにも向けられた言葉だと思う。 --  &new{2007-02-07 (水) 16:37:28};
- 弱肉強食を適用したら確かに社会は崩壊するでしょうけど、現実には弱肉強食を廃してるとも言えませんね --  &new{2007-02-07 (水) 17:45:19};
- 実は「人種」や「階級」に触れていないところがポイント。 -- [[JIN]] &new{2007-02-08 (木) 12:40:53};
- 平等、平等言ってる国の方が平等じゃねーよ。中共とか。 --  &new{2007-02-28 (水) 22:49:25};
- ↑↑生まれや育ちに人種や階級も含まれるんじゃないかな。それすら差別の対象で克服したいなら競争に勝てって事では?まぁナンバーズを区別するのは国是らしいからブリタニア人はそうされないよう支配し続けなければいけないと。 --  &new{2007-02-28 (水) 23:22:04};
- 少なくとも「差別に甘んじろ」とは言ってませんよね。これは皇帝自身の「本音」か。それとも他の連中のような「建前」か。 -- [[JIN]] &new{2007-03-01 (木) 12:33:01};
- 「ブリターニア」は若本さんのアドリブ?らしいね --  &new{2015-10-04 (日) 12:19:49};
- 現実の不合理や歪みとかを正当化しようとすれば、こういう理屈をひねり出すことになる、というだけの話。そんなものを「現実を言い当てている」みたいに感心しちゃってる連中がいるのは、なんだかなぁ。 この長台詞のキモはディストピア的である作品世界を上手く言い表しているという一点に尽きるのであって、現実世界で使えば「それは極端過ぎる考えだねぇ」の一言で終わる --  &new{2016-09-02 (金) 16:18:24};
- 時代によって人気アニメが増える中 差別や強さを示す 少し間違った名言 -- [[名無しさん]] &new{2016-11-17 (木) 14:41:17};
- 差別は実際ある、それを取り除くための努力は必要。努力もなしに上辺だけの平等を叫んでも未来はないというのを再確認させられる。資本主義なんかは差別の集大成みたいなもんだしな。ブリタニアが優れていたのは差別を「人種」ではなく能力によって行ったところ。日本人のスザクがナイトオブセブンまでのし上がってるのも能力の高さからだし --  &new{2017-02-02 (木) 08:35:21};
- 「EUの衆愚政治」については亡国で説明 --  &new{2017-02-11 (土) 08:39:20};
- 名言ではなくプロパガンダなんだよ 最終話まできちんと見ていれば、シャルルが実際に何を考えていたかはわかるはず --  &new{2017-05-18 (木) 13:34:04};
- 『平等』なんて言葉がいかに脆いか解る演説だな。 --  &new{2017-07-09 (日) 00:59:11};
- いったいどこがオマージュなんだ(笑) --  &new{2017-12-09 (土) 21:55:17};
- あくまでブリタニア皇帝としてのポジショントークである所がミソ。 --  &new{2019-02-23 (土) 12:05:32};
- 人は平等ではない、劣っているなりによく※した。見ているんだろう?かかってこい?的なモノにも感じた --  &new{2019-03-19 (火) 05:14:41};
- もともと皇帝は政をシュナイゼルに任せるって行ってたからこの発言は皇帝の本心ではないだろうな R2も踏まえるとよくわかる --  &new{2019-04-03 (水) 10:28:29};
- 競争って平等な条件じゃないと成立しませんよw --  &new{2019-06-09 (日) 14:32:16};
- 19世紀の社会ダーウィニズムそのもの。それにしても現在のトランプ大統領と二重写しに見えるのは私だけか。 -- [[Don Don]] &new{2019-09-27 (金) 06:12:13};
- 自分の母親を殺して、自分と兄を苦しめた嘘が弱肉強食に由来するって分かっててこの演説やったのかね --  &new{2019-11-12 (火) 20:22:58};
- 皇帝自身はままならない自分の人生への皮肉としてが「本音」だったが、奇しくも現実においては誰もわかってて口にしないだけで真理そのものという皮肉 --  &new{2019-11-21 (木) 08:28:05};
- 悪役としてのセリフなのに共感生みすぎた。「差別はあって当たり前」と思うのは普通だけど(あっちの人以外)「差別されるためにある」なんていうやつは「かましすぎ」だし --  &new{2020-02-18 (火) 19:50:01};

#comment

ページ新規作成

新しいページはこちらから投稿できます。

TOP