Top/カロッサプロジェクト

カロッサプロジェクト

【種別】技術・機械
【登場】05話


ツイン・バレーで、エルとアールの父親が研究していた内容。双子の感応力に関する研究が中心だった以上、それに関係する事かと思われるが…。
(以上、公式サイトより)


神経電気の増幅を行わずに操作可能なヨロイの神経制御システムの開発を行っていた。
方法論としては、クローン(人為的に生み出された一卵性双生児)が持つ相似性の高い脳に負担を振り分けることでそれを実現しようとしたようである。ゴールデン・クレイドル以降カギ爪の組織によって作られたヨロイは一人乗りであるため、発想自体はあまり参考にならなかった模様。ただし、シンセンの合体機構についてはカギ爪の組織オリジナルとされていることから、このプロジェクトの成果が別の形で花開いたものと考えられる。

カロッサメリッサの双子との関連性については不明だが、アールエルらドライバー姉妹がカギ爪の男について触れた際にもなんの言及もしておらず、一方でカギ爪の男カロッサメリッサと思しき二人の子供と共に旅をしているところがテンサンで目撃されていることからツイン・バレーとは直接の関係がある可能性は薄い。

コメント


ページ新規作成

新しいページはこちらから投稿できます。

TOP