Top/セイント・エリキサー

セイント・エリキサー

【種別】地名
【登場】04話

険しい山中にある街。エリキサーとは、錬金術で言う「霊液」「不老長寿の霊薬」「万能薬」の意味。小さく閉鎖的な町には不似合いな巨大病院がある事からついた名前。大きな病院だが、往診は行わないので近隣からは通うしかない。周辺住民は、よそ者に冷たい町の人と病院の雰囲気には辟易しながらも、やむなくここに通っている。

コメント


このページを共有:
  • このページをはてなブックマークに追加 このページを含むはてなブックマーク
  • このページをlivedoor クリップに追加 このページを含むlivedoor クリップ
  • このページをYahoo!ブックマークに追加
  • このページを@niftyクリップに追加
  • このページをdel.icio.usに追加
  • このページをGoogleブックマークに追加

このページのURL:

ページ新規作成

新しいページはこちらから投稿できます。

TOP