Top/幸せの時

幸せの時

【種別】出来事
【登場】16話

カギ爪の男の組織が待ち望んでいると思われる「時」。

(以下ネタバレ)
カギ爪の男は、自分の命を犠牲として世界をリセットし、もう一度作り直す事を目論んでいた。その際に、自らは原子分解されて消滅する。だがその意識はオルフェの花を触媒として、リセット時に、周辺宇宙に存在する全ての中に組み入れられる。彼はこうして、惑星レベルの(カギ爪の思想による)意識統一を誕生させ、世界の恒久平和を達成しようとしていた。人々は無意識にカギ爪の男と同じ考えを持ち、同じ行動をとり、それに違和感を感じず、争う事も憎む事もなく全てを許しあう。そんな世界になるためのきっかけが、「幸せの時」であった。だが、具体的にどのような手段によってそれを成し遂げ、またそこにサウダーデがどのように関わってくるか、それは「幸せの時」の次に控えている「生誕祭」を待つしかない。

コメント


このページを共有:
  • このページをはてなブックマークに追加 このページを含むはてなブックマーク
  • このページをlivedoor クリップに追加 このページを含むlivedoor クリップ
  • このページをYahoo!ブックマークに追加
  • このページを@niftyクリップに追加
  • このページをdel.icio.usに追加
  • このページをGoogleブックマークに追加

このページのURL:

ページ新規作成

新しいページはこちらから投稿できます。

TOP