Top/オーバーフロウ

オーバーフロウ

【種別】用語
【登場】26話


意味は、「みなぎる」、「あふれる」等だが、この場合は力があふれる、といったニュアンス。極限状態に陥ったヴァンが、火事場のバカ力的に神経電位をあふれさせ、ダンと完全にシンクロした状態を指す。ここまでのシンクロは、操縦者とヨロイの双方に危険性があるため、通常はリミッターがかけられており、何より普通はそこまで到達することが出来ない。だがヴァンは本来、神経電位の強化改造を受けずとも、ダンを動かすだけの素質があったため、完全なシンクロを達成することが出来た。エレナの所での実験でも、無改造で動かしており、その可能性にエレナは興味を持っていたのであろう。
(以上、公式サイトより)


(以下ネタバレ)
オーバーフロウを起こしたヴァンは、ダンの能力を完全にあやつることに成功。赤く長い剣状に伸ばした流体バースデイに挑みかかり、ついにかぎ爪の男の計画を完全に頓挫させる。(26話)。G-ER流体を剣に纏わせ、巨大な刃を形成する場面見る限りオバーフロウしたダン流体を自在に操る事が出来る物と思われる。

コメント

  • ダン空光牙剣 -- 2007-09-22 (土) 21:31:58

このページを共有:
  • このページをはてなブックマークに追加 このページを含むはてなブックマーク
  • このページをlivedoor クリップに追加 このページを含むlivedoor クリップ
  • このページをYahoo!ブックマークに追加
  • このページを@niftyクリップに追加
  • このページをdel.icio.usに追加
  • このページをGoogleブックマークに追加

このページのURL:

ページ新規作成

新しいページはこちらから投稿できます。

TOP