Top/ジョー

ジョー

【種別】人名
【CV】松本保典
【フルネーム】ジョー・ラッツ
【登場】07話


東の大陸と西の大陸の間に位置する孤島、ラビアンローズを所有する男。過去に戦いに明け暮れていたようだが、その先に待つ虚しさに思い当たり、平和と許しを説いている。人は無駄な望みを持たず、穏やかに、静かに時の間をたゆたうのが正しい姿と信じている。
(以上、公式サイトより)


(以下ネタバレ)
仲間の復讐に身をやつしていた時期があったのか、ヴァンの事情を知り、カギ爪への強い怒りと恨みを理解しつつも、敢えて復讐の虚しさを訴えた。
実はカギ爪の男の仲間であり、最終的には自らのヨロイゴールデン・クレイドルを駆って立ちはだかるが敗北。
最期は自らの意志でヨロイごと爆散した。
11話ミハエルが「ラッツさんに伝言を頼めばよかったかな…」と言っているので、この時点ですでにミハエルカギ爪の男の仲間になっていることが読み取れる。

【名ゼリフ】
ヴァン様。復讐の果てには何が待っていると思いますか? 何もないのです…。そう、張り詰めた心と体の終着駅には…、何もなかった」
「私はこう思うのです。個人の欲望に身を任せた者は、誇りを失い、敵を作るだけ。誰も認めない。感謝もしない。喜ばない。その先にあるのは自らの破滅。よくお考えください、ヴァン様」

【関連】
失礼ながら大爆笑ですな。

【元ネタ?】
ジョン・シュレシンジャー監督の映画「真夜中のカーボーイ」の主人公ジョー(ジョン・ヴォイト)とその相棒ラッツォ(ダスティン・ホフマン)から?

コメント


ページ新規作成

新しいページはこちらから投稿できます。

TOP